4代目住職、尼僧です!

33歳で3児の母、ゆるりゆるりと住職やってます

尼僧の私が読んだ「余命10年」

職業柄なのかもともとなのか、「いかに生きるか」というテーマの小説があると読んでみたくなります。この本は、たまに立ち寄る本屋さんの売れ筋コーナーで見かけて、気になったので買って読みました。

f:id:shingon_in:20171030161044j:plain

 

 「余命10年」という、長いのか短いのかどちらともいえない時間。
そして表紙には、若い女の子のイラスト。


この子はこの10年をどう生きていくのだろうか・・・?

 

主人公の茉莉(まつり)は、20歳のときにある病気を宣告されます。
その病気は治療法が発見されておらず、同じ病気で10年以上生きた人はいない。

 

第一章の最後の文が印象的でした。

あと10年しか生きられないとしたら、あなたは何をしますか。
長いと思い悠然と構えられますか。
短いと思い駆け出しますか。
あと10年しか生きられないと宣告されたのならば、
あなたは次の瞬間、何をしますか。

長いとも短いともとれる10年という年月。
人生を楽しむには短すぎるし、ベッドの上で耐えるだけなら長すぎる。

 

茉莉は、周りの人に対していつも笑顔で接します。
でも、心の中では、周りの人のように"普通に"生きられないという強い劣等感を抱え、しばしば絶望し、いろんなことを諦めていきます。

恋なんかしない。幸せを望んだら今の自分が不幸みたいじゃないか。

人や物に執着しない生き方をするように。
執着すると、死ぬことが怖くなるから。

 

しかし、茉莉は一緒にいて楽しいと思える男性に出会ってしまいます。もう会わないようにしようと何度も思いながら、どんどん惹かれていってしまいます。

彼といると楽しいあとは必ずつらい。楽しい分だけつらい。
つらいのにもう会いたい。
恋愛感情なんて、一番最初に殺したはずだったのに。
どうかわたしに、死にたくないと思わせないで。

未来に望むものを持たないことで死の恐怖から逃れていた茉莉が、また強く悩み始めます。そして、彼にはずっと病気のことを隠し続けて付き合ってきた茉莉でしたが、発作を起こし倒れてしまったことで、彼にもすべてを告白するときがきました。そのとき、茉莉は27歳。宣告された命の期限はあと3年。

そこで彼は茉莉にこう言います。

結婚しよ。3年でいい。茉莉の最後の時間を俺にくれないか?

 

 

うおおおおおおおん! はいっ、ここまでーーーーー!!!!

 

思っていたよりもバリバリの恋愛小説でした。

でも、ここでブログにしようと思ったのは、この茉莉の考え方というか達観の仕方が非常に仏教的だなと感じたからです。

お釈迦さまは、人生は「苦」ばかりだと言いました。いわゆる四苦八苦です。そして、その「苦」を取り除くには、「迷い」や「執着心」を捨てることと言いました。

彼に出会う前の茉莉の生き方は、苦しみのダメージを最小限にする生き方だったのかもしれません。茉莉はそれを知っていたのか、それに気づいたのか、お釈迦さまの悟りの境地です。

 

苦しみはできるだけ少ないほうが良い。

 

でも、欲や執着を捨てる生き方は、人間らしいと言えるのかどうか。

 

やっぱり生きるって苦しいこと。

 

お釈迦さまの言うことは二千年後の今も正しい。

 

 

 

この小説を書いた小坂流加さんは、今年の2月に亡くなっているそうです。詳しい病名はわかりませんが、作者紹介の欄に「病状が悪化し」と書かれていたので病気をお持ちだったのでしょう。もしかしたら茉莉の生き方や考え方は小坂先生自身だったのかもしれません。

 

この本を読み終えて。

読んでみてよかったなって思っています。

最後、茉莉は亡くなります。もちろんハッピーエンドとはいえないし、でも悲しいだけの結末じゃないし、いろんなことを考えさせてくれる小説でした。決して暗い気持ちにはなっていません。

私は気に入った小説は何度も繰り返して読むのですが、この本もお気に入りの一冊になるかもしれません。

 

 

==================== 

 

もしインスタグラムやってたらフォローしてくださいね☆

Instagram

 

==================== 

 

真言院faceboookページもよろしくお願いします☆

 

==================== 

 

 

 

尼僧が水子供養について考えた

久しぶりのブログ更新です。だいぶんさぼっていました。

さぼっている間に何をしていたかというと、

 

水子供養について考えていました」

 

水子とは、流産・死産や人口妊娠中絶などにより産声を上げることができなかった赤ちゃんの霊のこと。私が僧侶になってから約7年の間にも何件か相談があって水子供養をさせていただきました。その中には、「何年も前に流産した子が気になっている」という方もいて、流産・死産・中絶をしたそのときには供養の相談を言い出すことができず、後々もずっと気になっている方もいるのかもしれないなと思いました。

 

私自身、流産などはなく無事に3人の子供を産むことができたのですが、妊娠出産の経験があるからお腹の中に宿る命の存在がいかに大きいかはわかります。その子を亡くした、産んであげることができなかった苦しみも少しは想像できます。

 

だからこそ、丁寧に水子の供養をしてあげたいな、と。

 

そして、私の想像ですが、水子を持ったお母さんのほうも、きっと罪悪感のようなものをずっとずっと抱えて生きているような気がします。

初期の流産は私たちが思っているよりもかなり多く、そのほとんどが染色体異常などで赤ちゃん自身が育つことができずに流産してしてしまったものと聞きます。だからお母さんはまったく悪くありません。ですが、「あのときの〇〇が悪かったのかも」「〇〇してあげていれば産むことができたのかも」などと自分を責めてしまう人もいるそうです。すごくわかります。妊娠すると、不安がたくさんで、特に初期の胎動を感じる前は「お腹の赤ちゃんは元気かな」「大丈夫かな」と1ヶ月に一度の検診が楽しみと不安が入り混じった気持ちでとても待ち遠しいものでした。お母さんは悪くないと言われても、なにか自分に原因があったんじゃないかと思う気持ちはよくわかります。

中期以降、胎動を感じてからの死産は、ものすごく辛いことだろうなと少しは想像できます。お腹の中の赤ちゃんは、顔を見ていなくても声を聞いていなくても自分の子でとても愛らしい存在です。こうして誰よりも近い場所でいつも一緒に生きていた子を失うのは、とてもとても辛いことだと思います。そして、苦しい思いをして産み、普通の赤ちゃんよりもだいぶ小さいけれどちゃんと人間の形をして可愛い顔をした赤ちゃんの顔を見ることもできたのに、その赤ちゃんは生きていない、生きていくことができないという現実を目の前に突きつけられる苦しみは、たぶん想像を遥かに超えるものだと思います。(今、想像だけで泣きそう)

そして、中絶は、母体や胎児の身体の事情、経済的や社会的ないろいろな事情があると思いますが、中絶を好んでする人はいないと思います。最後の決断するのは自分だという苦しみが大きいと思います。もしかしたらこれが一番辛いのかもしれない。でも、それは赤ちゃんが生まれてきたあとのことを考えての、赤ちゃんの幸せを願っての決断なんですよね。責めちゃいけない。

 

私が思う水子供養は、赤ちゃんの幸せを願うことだと思っています。 

私は、そのような辛いお別れを経験した方には、水子供養を通じてお別れした赤ちゃんをずっと忘れずにいてあげてほしいと願っています。それは辛い過去を「背負う」ということではなく、ご自身を護ってくれる可愛い水子の霊と「ともに生きていく」ということです。

水子の霊の幸せのために、またお母さん自身の幸せのために、水子供養をしてほしい。一緒にさせてほしい。そんなふうに思っています。

 

 

たぶん、うちの檀家さんの中にも、言えずに抱えてしまっている方がいるんじゃないかと思います。だから、「うちでは水子供養やってますよ」「水子のことでお悩みなら相談してくださいね」などと、普段から言っておくことが必要だなと感じました。

 

書きなぐってしまったので読みにくい文章になってしまいましたが、そんなことを最近考えていました。現在、檀家さん配布用のパンフレットを作ったり、ゆくゆくはホームページなどにも載せて様々な事情でお参りに行けない方の供養も受け付けられるようにしたいなと思っています。

 

f:id:shingon_in:20171019122706j:plain

境内にある水子地蔵の像。

こどもたちを護ってくれるお地蔵さまです。

 

 

 

 

三児の母住職が書いた、妊娠出産にまつわる話です。

良かったらこちらも読んでみてください。

 shingon-in.hatenablog.com

shingon-in.hatenablog.com

 

 

 

もしインスタグラムやってたらフォローしてくださいね☆

Instagram

 

 

真言院faceboookページもよろしくお願いします☆

 

 

 

 

私のハマリもの「万年筆と美文字練習」~ポップな色で写経をしてみた~

最近、万年筆にはまっています。

 

手持ちの万年筆は5本。
f:id:shingon_in:20170829140907j:plain

 

書類などにも使える「黒」と「ブルーブラック」以外のカラーインクが5色。
f:id:shingon_in:20170829140915j:plain

 

 

「こんなに使う機会あるの?」と夫に言われましたが、まさしくその通り。誰か手紙を書く相手はいないかなと考えてみましたが、ほとんど思いつきません。字が書きたくて書きたくて、五歳娘用にもらってあったひらがなのワークをやってみたり、やりかけだった筆ペン字練習帳を万年筆で再開してみたり。せっかくなので美文字を手に入れたいと、万年筆を使って字の練習を始めました。
f:id:shingon_in:20170829141820j:plain

 

 

なんか他にも書くものないかな~??と考えていたら、
そうだ、うちにいいお手本があったじゃないか!と思い出しました。
f:id:shingon_in:20170829140849j:plain

 

 

万年筆で写経♪*1

 

 

敢えていちばんポップな色を使ってみました。
パイロットから出ている万年筆インキ「色彩雫 - iroshizuku - 」の「秋桜 - kosumosu -」です。

  

こんな色のインクを使って、ふざけて写経をするなんてとんでもない!とお坊さんに怒られそうな気がします。だから坊さんである私がやってみました。

 

別にお経を粗末に扱っているわけじゃなし、手本を敬って書いてるんだから、別にいいじゃないの~~

 

 

若い女の子などでも写経に関心がある人がいるようです。そんな人たちに修行としての写経を体験してもらうのが仏教を広めようとする人間としてはもちろん良いですが、ただ「字が書きたい」という理由での写経もいいんじゃないのかなって思うんです。仏教はあんまり興味ないけど、写経は好き。いいんじゃないですか。

 

字を書くことが好きだから写経が好きと言う。

御朱印をアートだと言う。

仏像をカッコイイと言う。

 

いいじゃないですか。

 

そんなところから仏教の一面にでも興味を持ってもらえたら、と私は思うのです。

 

 

 

 

もしインスタグラムやってたらフォローしてくださいね☆

Instagram

 

 

真言院faceboookページもよろしくお願いします☆

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:「なぞり」ではなく「写し」でやりました。薄い紙の下に手本を置いて上からなぞって書く方法です。

お盆のお寺の素敵なストーリー

ストーリー① 「再会」

お寺ですれ違った男性2人。
お互い不思議そうに振り返って目を合わせて、

A「え、なんか、見たことある顔なんだけど?」

B「俺もなんか見たことある…」

A「すいませんが、お名前は…?」

B「〇〇…」

A「〇〇!? うそだろ? オイ!ずいぶん久しぶりじゃねえか!」

 

お寺で留守番をしていると、毎年必ずこういう場面に出くわします。昔、生まれ育った土地に里帰りしてお墓参りに行くと、懐かしい顔に会えるんですね。

「今、どこに住んでるんだ?」

「仕事はなにしてるんだ?」

「そっちは奥さん? どうもどうも、はじめまして。昔、俺とコイツは……」

久しぶりの再会がとても楽しそうで、こちらまで嬉しくなりました。

 

 

 ストーリー② 「孝行」

お寺に将棋盤が置いてあります。これは、うちの夫や五歳児・三歳児の遊び用。日曜日など保育園がお休みの日にお寺で留守番をしながら遊んでいたときに使っていたものです。

ある檀家さんがお孫さんを連れてお参りに来ました。その檀家さんからは、いつも離れて暮らしているお孫さんはまだ5歳なのに将棋会館に通って将棋をしていること、たまに会って対局しても負けてしまうことなど、お孫さんと将棋を指すことについて聞いたことがありました。

「将棋盤ありますよ。一局どうですか?」

声を掛けてみると、お孫さんとおじいちゃんはすぐに将棋盤に興味を示してくれました。

「うわあ、これは立派な将棋盤だねえ。」

駒は新しく買ったものですが、盤は大正初期生まれの祖父が使っていたものなのでかなり年季が入っています。

「よし、一局やるか!」

お孫さんとおじいちゃんの対局が始まりました。

f:id:shingon_in:20170814162206j:plain

「これは長くなるよ。お参りがまだなのにね。」などと言っていたおばあちゃんとお母さんでしたが、その予想を覆し対局は10分もかからず終了。5歳のお孫さんの勝ちでした。

 

「負けたー! 今のはちょっと手を抜いただけだからな!」

おじいちゃんの言葉がどこまで本気なのかわかりませんが、おじいちゃんもお孫さんも、おばあちゃんもお母さんも、そして私も楽しい時間でした。

 

こうやってお寺が人と人をつなぐ場所になれること、人が笑顔になれる場所になれることがとても嬉しく思いました。

 

お盆って、こういうところがとてもいい。

 

 

 

 

もしインスタグラムやってたらフォローしてくださいね☆

Instagram

 

 

真言院faceboookページもよろしくお願いします☆

 

 

 

 

テレビ電話で墓参り

いつも8人のお孫さんを連れてお参りに来てくれる〇沢家。今年は一番上のお姉ちゃんが北海道外で就職しているため帰省できず、今年はお寺へお参りに来られませんでした。

 

そこで出てきたツールがLINEのテレビ電話。

「みんなでお寺に来てるよー。ほら、みんないるよー。」

「ほんとだ。みんないる。」

 

「お寺さんもいるよー。」
と、私も映してもらいました。

「あ、ほんとだ。お寺さんだ。こんにちはー。」 

「〇〇ちゃん、こんにちは。お仕事がんばってねー。」

 「はーい、がんばりまーす。」

 

電波が悪く途切れ途切れでしたが、去年よりまた少し大人になった〇〇ちゃんの顔を見れて私も嬉しくなりました。

そしてその後は、読経の間もテレビ電話で中継です。お参りのあいだ、〇〇ちゃんはずっと電話のむこうで一緒に手を合わせてくれていたようでした。できれば帰ってきてみんなで一緒にお参りしたかったけど、仕事で都合がつかなかったんですね。離れているけど一緒に時間を共有できた気がしました。

 

最近、「インターネット墓参り」という、お墓の写真を自宅のパソコンに映してくれてその画面を見ながらお参りするサービスがあります。実は私はそれにはあまり賛成できなかったのですが、今日テレビ電話で一緒にお参りをしたことで少し考え方が変わりました。ネット墓参りは、いろんな理由でお墓参りに足を運べない人がそのときできる「お墓参り」なんですね。お参りしたいという気持ちがいちばん大事なので、こういうのもいいかもしれません。ネット墓参りを利用する施主さんは「面倒だからネットですましちゃえ」というような気持ちではないように思いました。お参りしたいけど、行くことができない。でも、なんとかお参りしたい。そんな施主さんは、足を運べるときには必ず来てくれますよね。そんなふうに思いました。

 

  

お盆にお寺で留守番をしていると、いろんな素敵な場面に出会えます。
それについては、また次のブログで。

f:id:shingon_in:20170814161642j:plain

 

もしインスタグラムやってたらフォローしてくださいね☆

Instagram

 

 

真言院faceboookページもよろしくお願いします☆

 

 

 

 

広がれ、尼僧の輪!

尼僧の住職さんって珍しいですよね?
どのくらいいるんですか?

 

私もよく聞かれるのですが、わかりません。
『全国尼僧の会』とかがあるわけではないので。

 

しかし、最近、私のまわりでは尼僧が少しずつ増えてきているような気がします。

 

今日もそのニュースを聞くことができました。

隣の村のお寺さん。
娘さんが二人と、年が離れて弟が一人いると聞いています。
その娘さんの一人が僧侶になってお寺を手伝っていると聞きました。

私としても、仲間ができたようで嬉しいニュースです。

 

今まで、お寺に娘しかいない場合、婿をもらってお寺を継ぐというのが当然の流れでした。が、私がその流れを壊したのかもしれません。私が修行を終え僧侶となり、住職になったあとから、私のまわりでは修行に行くお寺の娘さんが増えています。もしかしたら知らないだけで今までもいたのかもしれないし、たまたま私が同じ境遇だからお話ししてくれるだけかもしれませんが。

「実は、ここだけの話なんだけど…。娘が坊さんになりたいと言っていて…」
と、あるお寺の住職から相談を受けたこともありました。

生きかたが多様化しているこの時代、お寺の継ぎかたもいろいろあっていいんじゃないかと思います。私の生きかたが他の誰かの人生の選択肢を広げるひとつのきっかけになっていたら嬉しいなと思っています。

 

北海道にも尼僧が増えてきたら、尼僧だけの法要とかもやってみたいな♪

f:id:shingon_in:20170707154715j:plain

 

 

もしインスタグラムやってたらフォローしてくださいね☆

Instagram

 

 

真言院faceboookページもよろしくお願いします☆

 

 

 

 

尼僧は袈裟も可愛く♡

私のお気に入りの「修多羅(しゅたら)」をご紹介します。

 

まず、「しゅたら」とは、 

 f:id:shingon_in:20170621120747j:plain

コレのことです。 

 

「しゅたら」はサンスクリット語「スートラ」のことで、「スートラ」は経典などを意味します。袈裟の背中側、左肩からぶらりと垂れ下がっているこの組紐は、もともとは経典を背負うためのものだったようです。

ちなみに今はこれを使って経典を背負ったりはしません。ただぶらりと垂らしているだけです。

 

 

私が住職に就任するとき、記念に袈裟を作ってもらいました。導師を勤めるときに身につける「七條袈裟(しちじょうげさ)」と言われる袈裟、いわゆる勝負服です。その袈裟に合うように法衣店の社長さんが組紐の色を考えて作ってくれたのがこの「しゅたら」。ピンク・緑・紫・金を組み合わせて作られています。

ほら、見てください。可愛い。

f:id:shingon_in:20170621120011j:plain

色づかいがとっても可愛い。

当時27歳で住職になった私に合うように作ってくれたんだろうなと思います。

 

 

 

サイズも、普通のものに比べたら一回り小さく作られています。

f:id:shingon_in:20170621121305j:plain

上のものが普通サイズもの、下のものが私のです。

ほら、小ぶりで可愛い。

 

 

他のお寺さんも、檀家さんも、「その修多羅かわいいねー」なんて褒めてくれる人はいないけど、密かにメチャメチャ気に入っています。

 

 

 

そういえば、今年の夏用に「折五条(おりごじょう)=普段用の袈裟」を買いました。

f:id:shingon_in:20170621131727j:plain

これも夏らしくて可愛い。お気に入りです。

 

 

 

もしインスタグラムやってたらフォローしてくださいね☆

Instagram

 

 

真言院faceboookページもよろしくお願いします☆