読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4代目住職、尼僧です!

33歳で3児の母、ゆるりゆるりと住職やってます

四季を感じながら生きられるって素晴らしい☆

今朝、子供達を保育園に送り届けるため、子供達を引き連れ玄関を出ると、羊蹄山のあたまには真っ白な雪が。

 「わぁ~!見て見て!羊蹄山に雪が降ったよ!!」

毎日見ている羊蹄山ですが、特別キレイに見える日はやっぱりちょっとテンションが上がります。四歳の娘と「雪降ったね~」とウキウキお話ししながら保育園へ行くと、保育園の玄関には1人の先生と7~8名の園児がならんでみんなで羊蹄山を眺めていました。

 「おーーい!! 羊蹄山が!!! 雪が降ってるよーー!!!」

園児たちがみんなハイテンションでした。やっぱり羊蹄山がキレイに見える日はみんな嬉しいみたいです。

 

お寺のfacebookに写真を投稿しようとカメラを持ってきていたので、子供達を送り届けたあと写真を撮りに車を走らせました。
が、狙っていた撮影スポットに向かう間に、どんどん出てくる雲たち…

(仕方ない…!ここで撮ろう…!)と撮ったのがこの写真…。

f:id:shingon_in:20150929091659j:plain

もっともっと綺麗に見えていたのに、この写真は残念すぎる…
だけど、あれよあれよという間に、山はどんどん変化していきます。

f:id:shingon_in:20150929091707j:plain

あ…雨雲に包まれた…
今日はもうダメだ…
毎日見えているような気がする羊蹄山ですが、キレイな写真を撮ろうと思うとそのタイミングは意外と難しいものです。

 

私が住む真狩村には、羊蹄山という素晴らしい山がすぐ近くにあります。冬は真っ白な雪に覆われ、夏はまるでブロッコリーのように山全体が緑に包まれます。秋には紅葉の様子も見え、冬に向かう時期には降雪が少しずつ山頂から山すそに向かって下りてくるのを感じられます。四季すべてで羊蹄山の顔色が変わるので、この景色を見ながら毎日暮らせるのはこの村の自慢だし、村民みんなの生きる力になっていると思っています。私もたまに落ち込んでいるときに、街全体を包み込むように立っている羊蹄山を眺めていると、羊蹄山に支えられて生きているような気がしてきちゃいます。

自然ってホント素晴らしい☆

 

それでは、このままで終わるのは羊蹄山に申し訳ないので、最後に、同じような場所から似たような季節に撮った、本気の羊蹄山をご紹介します。

羊蹄山はほんとうに美しい山です☆

f:id:shingon_in:20150929093927j:plain

(2014年11月5日 撮影)