4代目住職、尼僧です!

35歳で3児の母、ゆるりゆるりと住職やってます

3.11

少し前の話ですが、図書館でふと目に入ってきて借りた本。

救命―東日本大震災、医師たちの奮闘―

救命―東日本大震災、医師たちの奮闘―

 

自らも被災者でありながら、自らも遺族でありながら、目の前の患者さんを救い続けた9名の医師のインタビューをまとめた本です。

 

当然ですが、医師だって人間。傷つきながら迷いながら行動していた様子が描かれています。

あの日、津波に街が飲まれていく様子は中継で見ていました。カメラマンが、人が飲み込まれるところを映さないようにしていたのにはすぐに気が付きました。走って逃げる人よりもずっと速いスピードで迫ってくる津波、そしてそこから避けるように横に振られる映像。画面の横で起こっていた出来事は、たぶん私の想像を遥かに超える地獄の光景だったのでしょう。

 

あれから9年。
テレビでも今日に向けて特別番組がいろいろと組まれていますね。
あの日をずっと忘れないように。

 

今、私が一番好きな番組「ねほりんぱほりん」も。今晩放送。

www6.nhk.or.jp